WEBマーケティングってどんな仕事?未経験でも出来るのか?

この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

WEBマーケティングという職業を知っていますか?

最近注目されてきている職業なんです。

でも、具体的にどんなことをやっているか想像できる人はほとんどいないと思います。

私もWEBマーケティングに出会うまで全く知りませんでした。

そして、訳あって転職活動を始めた時にエージェントの人に少しお世話になったのですがかなり売り手市場で人気の職業だって教えてもらいました。

サイカク
サイカク

今回はそんなWEBマーケティングがどんな仕事をしているのかご紹介したいと思います。

セアル
セアル

ワクワク♪

WEBマーケティングの仕事内容

 

一括りにWEBマーケティングといっても転職サイトで見てみると実は仕事の内容が一緒ではないんです。

その理由として、WEBマーケティングができる人を必要としている会社が

  • WEB広告を代理する会社
  • クライアントのサイトのアクセス数を上げるためにコンテンツを作成したりサイト構造を改善するコンサルティング会社
  • サイトの運営を既にしていて広告運用やコンテンツの作成、サイト構造の改善を自社でやろうとしている会社

とあり、それぞれやってほしい仕事が違うんです。

でも、それぞれWEBマーケティングと呼ばれているんですよね。

セアル
セアル

分かりづらいね。

サイカク
サイカク

そうだね。転職活動をしていた初期の頃はこの辺りをちゃんと理解してなかったから苦労したよ。

私が初めてWEBマーケティングの仕事をした時の会社は

  • 広告運用は代理店に依頼
  • サイト構造の改善は外注しコンサルティングを受ける
  • アクセス解析とコンテンツ作成は自社

というような感じでした。

以前紹介したSEOも基本的には自社でやっていましたが、施策によっては外注していました。

SEOって何?と思った人はこちらにざっくり書いているのでご覧ください。

自分の備忘録兼初心者でもわかるWEB講座/第1回:SEOとは?
ブログやアフィリエイトを始めると時々聞くSEO。自分で調べてみても何を言っているのか分からないと思った人もいるのではないでしょうか?今回はそんなSEOについてご紹介します。

では、実際の仕事内容はどういったものがあるのかご紹介します。

WEBマーケティングの仕事内容

 

WEBマーケティングの仕事は以下のようになります。

  • GoogleやYahooなどから提供されている広告システムの運用
  • SEOの分析、改善
  • サイトのアクセス解析
  • コンテンツの作成やサイト制作のディレクション
  • SNSの運用

広告代理店の場合は広告システムの運用がメインになりますしコンサルティング会社だとアクセス解析とSEOの分析、改善がメインとなってきます。

WEB広告に関しては解説し始めるとかなりの量になってしまいますので、また別の機会にします。

私が実際やっていた仕事は

  • 自社サイトのアクセス解析
  • 広告の効果計測
  • 請求書の整理
  • キャンペーンの進行管理(いわゆるディレクション)

がメインでした。

その他にもポケットティッシュに入れる紙のデザインチェックや新聞に載せる広告枠のデザインチェックなど多種多様な仕事をしていました。

セアル
セアル

なんか、色々やってたんだね・・・

サイカク
サイカク

やってたよ。しかも当時は未経験だからね?

セアル
セアル

未経験!?

未経験でもWEBマーケティングはできるのか?

 

私は幸いなことに人の縁で未経験ながらもWEBマーケティングの世界に触れることが出来ました。

しかも、それまでは音楽家を目指して専門学校を卒業しフリーター生活をしていたくらいの学歴の人間です。

なので、自信をもってお答えできます。

ズバリ!未経験でも出来ます!

ですが、恐らく最初は広告代理店からスタートすることがほとんどだと思います。

広告代理店の場合はキャッチコピーや画像の作成がメインになることが多く、そこまで難しい作業がないからです。

それに加えて、依頼される数が多い会社ほど人手が不足しているので未経験から教えてでも人を増やしたい思惑があるのです。

私がやっていたポジションは未経験でも出来ないことはないですが、覚悟が必要です。

最初に覚えることが多いうえにWEBという目に見えない世界を相手にしなければならないのでちゃんと理解するまでにかなり苦労します。

例えばアクセスを表す単位としてPVのほかにセッションというものが存在します。

PVはページを見た回数でセッションはサイトを訪れた回数になります。

二つとも同じ意味に見えますがPVだけが多くてセッションが少ないというのも大きな問題になってしまうのです。

説明をするとかなりの量になってしまいますので別の機会で書きますが、こういった感じで様々な見方をしなければならないため、覚えることが苦手な人にとっては辛いです。

私は良くも悪くも忙しくないポジションにいたので仕事中にアクセスの用語を調べながら、実際のアクセス解析をする画面を見ることが出来るという勉強する環境としては恵まれていたのでどうにかなりました。

また、SEOの分析などもしていましたがそれにはHTMLやCSSといったプログラミング言語を理解していないといけなかったりします。

私も独学で勉強し、自分では組めませんがサイトのHTMLを見てどういったことをしているのかを辛うじて分かるようになりました。

しかし、頑張って広告運用やSEOなどが分かるようになり実際に業務ができるようになると市場価値がグッと上がりますので頑張りましょう!

まとめ

 

  • WEBマーケティングといっても会社によって必要されるスキルが違う。
  • 未経験でも出来ないことはない。
  • 未経験でも入れる可能性が高いのは広告代理店。
  • 意外に覚えることが多くて大変。
  • 出来ることが増えれば増えるほど自分の市場価値がグッと上がる。

WEBマーケティングは最初こそ覚えることが多くて大変ですが、アクセスを解析して悪い部分を探しだして改善した結果アクセスが増えるとかなりやりがいを感じます。

もし、WEBマーケティングをやってみたいけどどうしたらいいか分からないという人は転職サイト以外に転職エージェントを利用してみましょう!

私も実際に使ってびっくりしましたが、自分で探すよりはるかに好待遇で募集している案件を紹介してくれることがあったり、未経験でも歓迎してくれる会社を紹介してもらえます。

またキャリアカウンセリングも受けることが出来て将来の人生設計もしっかりと立てられます。