WEBマーケティングが向いている人は忍耐力がある人!?分析だけでは難しいよ

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

就職活動や転職活動をしていると、WEBマーケティングに興味があるけど、自分に向いているか分からない。

もしくは、WEBマーケティングに向いている人ってどんな人なのか気になる人が多いのではないでしょうか。

サイカク
サイカク

どんな仕事でも向いている人と向いていない人がありますし、企業などによってもその傾向が変わりますが、今回は私がWEBマーケティングをしていて思う向いている人を紹介したいと思います。

セアル
セアル

WEBマーケティング出来る人って頭がよくないと難しそう・・・

WEBマーケティングに向いている人はこんな人!

市場や流行などの情報収集や把握が好きな人

市場を把握するということは、「人が何を求めているか」をしっかりと理解できるということです。

この「何を」というのはサービスや商品という「もの」ではなく、それを買うことで手に入れたい「未来」のことを指します。

未来というのは「綺麗になる」とか「(スポーツや楽器を)上手くなる」といった欲望と考えると分かりやすいかもしれません。

セアル
セアル

美味しいものを食べて幸せになりたい・・・

サイカク
サイカク

自分で海に潜って取りなさい(笑)

これを「ベネフィット」とマーケティング用語では言います。

人がお金を払うときはその商品やサービスに必要を感じる時になります。

その為、その時の流行やWEBマーケティングの情報や技術を日々取り入れることが好きな人でないと逆に辛い仕事になります。

諦めない粘り強さを持つ人

マーケティングの仕事は華やかな仕事だと思う人が多いかもしれませんが、そんなことはありません。

結果を出すために、仮説を立てて施策をまわし分析をして改善していくことをひたすら繰り返すことがほとんどです。

しかも、地味で手間のかかる作業が多いのでしんどく感じてしまうと思います。

その為、結果が出るまで地道に取り組む粘り強さがないとWEBマーケティングの仕事に向いていません。

でも、粘り強く取り組んだ結果、目標に達成した時の達成感はやみつきになります(^▽^)/

論理的に考えるのが得意な人

インターネットが普及する前はCMや雑誌ぐらいしか広告の手段がありませんでした。

そして、その広告の効果を正確に知ることは出来ませんでしたが、現在ではどれくらいの頻度で広告が見られて、成果につながっているかというのが明確な数字で分かるようになりました。

また、サイトのアクセスを解析してどんな人が見ているのか、どこからサイトに来てもらえているのかも数字で分かるようになりましたので、そういったデータから改善点や仮説を立てることが求められます。

要領よく仕事ができる人

WEBマーケティングの仕事は広告運用のレポートを作りながらホームページの構築をディレクションしたりと企業によっては様々な業務を一人でこなさければならない為、常に複数の業務を同時進行で進めなくてはいけません。

その為、1つのことしか集中できずに他のことが疎かになってしまう人だと期限が間に合わず、全体の進行が遅れてしまう可能性があり向いていません。

逆に、業務の順番を調整しスムーズに進められる人はWEBマーケティングに向いている人だと言えます。

企業によってWEBマーケティングが向いている人が変わる?

WEBマーケティングってどんな仕事?未経験でも出来るのか?
WEBマーケティングという職業を聞いたことがあり、興味を持っている人がいるのではないでしょうか?今回は実際に経験したことを含めてWEBマーケティングという職業をご紹介したいと思います。

以前に上記の記事で紹介しましたが、WEBマーケティングの仕事は企業によって変わります。

コンサルティングが主な企業だったら、人とコミュニケーションをとるのが好きでないと仕事になりませんし、広告代理店であれば数字に対して強い意識を持てなければいい結果に結びつけません。

また、広告の文やクリエイティブの作成なども担当することがある為、既存の考え方に囚われない斬新なアイデアを出せる人も大きく結果を出せる、WEBマーケティングに向いている人だと言えます。

その為、WEBマーケティングの仕事に就きたいのであれば、業務内容もよく確認するべきでしょう。

サイカク
サイカク

小さい企業だと、事務作業といったWEBマーケティング以外の仕事も担当しなければならないことがあるので、注意が必要です。

まとめ

色々と紹介しましたが、簡単にまとめると、

分析が好きで、常に向上心を持てて忍耐力がある人

が、比較的WEBマーケティングに向いているでしょう。

専門的な分野なのでクライアントによってはよく分からずに、無理難題を当たり前のように出してきます。

それを上手く達成しつつ、無理なものはなるべく希望に沿うよう提案するようにしないとあっという間に仕事が無くなってしまいます。

WEBマーケティングの仕事はかなり多岐にわたるので、全てをマスターするには覚悟がいりますが、出来ることが増えれば必ず給料が増えたり労働条件が良くなったりと結果もついてきますので興味がある人は参考にしてみてください。