SEOのきっかけとは?〜SEO対策を始める前に知っておこう〜

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

1人1台スマホやタブレット、パソコンを持つのが当たり前の時代になって、多くの人が当たり前にインターネットを使うようになってまだたった数年しか経っていません。

それまではガラケーが主流でノートパソコンもなかなかの分厚さでしたし、持ち運ぶには重かった記憶があります。

セアル
セアル

ガラケーの時はほとんどインターネット使わなかったね

サイカク
サイカク

というか、親から禁止にされてたでしょ(笑)

ですが、そのたった数年でインターネットで買い物するのが当たり前になり、インターネットで知りたい情報が誰でも簡単に手に入るようになったのです。

私が小学生だった頃はインターネットがそこまで普及しておらず、わからないことがあれば図書館に行って本や辞書などで調べていたものが、今はインターネットを使い検索エンジンでさっと言葉を入力するだけで多くの情報を得ることができるのです。

本も電子書籍として手軽に読めるようになってきましたよね。

そして、情報を提供するサイトの数も同じくここ数年で爆発的に増えました。

サイトの立ち上げ方などが本を買わなくてもインターネットで知ることが出来るようになったことが大きな要因だと思います。

画像も分かりやすく貼ってある場合もある為、もしかしたら本を買ってサイトを立ち上げるより作業を進めやすいですよね(;^_^A

セアル
セアル

まぁ、誰でもわかるように書かないと見てもらえないよね。

サイカク
サイカク

写真も多く入れたら説明を省けたりするからもっと分かりやすくなるよね!

ですが、本では冊数が多すぎたりページが多すぎたりすると、自分の探している情報をなかなか見つけることができません。

辞書がいい例ですよね。

言葉の意味を知りたいのにあの分厚いページからたった一つの言葉の意味を調べるのが大変です。

しかも、辞書によっては知りたいことまで踏み込んでいなかったりします。

インターネット上でも同じです。

インターネットの場合、ダイエットの事を調べようと思ったら炭水化物ダイエットについて書かれているサイトばっかり出て、ほかのダイエット法が見つからなかったり、そもそもサイトのクオリティの低くて知りたい情報がなかったりすることがあります。

このように膨大な数の情報の中から自分の欲しいものがすぐに見られるようにGoogleやYahoo!といった「検索エンジン」というものが登場しました。

ちなみに私は小中学生の頃はキッズgooを愛用してました(笑)

セアル
セアル

キッズgoo懐かしい(笑)

サイカク
サイカク

Yahooキッズはあまり使わなかったね(笑)

そして多くの人がこれを使いインターネットを利用するようになった今、何百ページも後に表示されるより最初の方に表示されて大勢の人に見てもらいたいと考えが生まれたので「SEO」のサービスが登場したのです。

ちなみに、利用者に検索エンジンを使い、結果表示されたページをどれくらいまで見ているか調査を行ったところ、2ページという答えが一番多かったそうです。

1ページにつき10個サイトを表示される為、これは20個のサイトまでは見ている計算になります。

サイトが無数に立ち上がり、情報が充実している現在において、何かしらのサイトを見てしまえばある程度の情報は得られてしまうようになりました。

そのため、1つか2つサイトを見ればだいたい知りたいことはわかるので、それ以上の検索はしないのです。

めちゃくちゃクオリティの高いサイトだったら1つ見るだけで目的が完了してしまいます。

こういった事情がある為、検索結果1ページ目、もしくは2ページに入るために、SEO対策が重要になってくるのです。

今、このサイトもどうにか順位を上げられないか模索していますが、中々効果が現れないので果たしてこの方法でいいのかという判断がし辛くて難しいです(⌒-⌒; )

セアル
セアル

なかなか順位上がらないよね、このサイト(´・ω・`)

サイカク
サイカク

いや、一応真面目に始動してからまだ1か月経ってないけどね(笑)