東京オリンピックに向けてこの曲の吹奏楽アレンジを是非!オリンピックファンファーレとテーマ

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

どうも。WEBマーケティングと打楽器奏者をしているサイカクです。

私は一時期、とある消防音楽隊に所属しており、人数が少ない中数多くの演奏会に出てきました。

その為、その時の経験から多少独断と偏見が入っていますがご了承ください。

このシリーズでは、吹奏楽オリジナル曲やアレンジ曲を紹介し、演奏会の構成を作り上げるお手伝いが出来たらと思い、作りました。

もし、少しでも活用していただけたら幸いです。

Olympic Fanfare and Themeのポイント

この曲は1984年のロサンゼルス・オリンピックの為に作られたファンファーレになります。

作曲者はあの「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」などを作曲したジョン・ウィリアムズなんです。

冒頭の金管のファンファーレ、カッコいいですよね!

この曲の出来は全てここにどうも。WEBマーケティングと打楽器奏者をしているサイカクです。

私は一時期、とある消防音楽隊に所属しており、人数が少ない中数多くの演奏会に出てきました。

その為、その時の経験から多少独断と偏見が入っていますがご了承ください。

このシリーズでは、吹奏楽オリジナル曲やアレンジ曲を紹介し、演奏会の構成を作り上げるお手伝いが出来たらと思い、作りました。

もし、少しでも活用していただけたら幸いです。

 

Olympic Fanfare and Themeのポイント

 

オリンピックファンファーレとテーマは1984年のロサンゼルス・オリンピックの為に作られたファンファーレになります。

作曲者はあの「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」などを作曲したジョン・ウィリアムズなんです。

冒頭の金管のファンファーレ、カッコいいですよね!

この曲の出来は全てここにかかっていると言っても過言ではないと思います。

ただ、私にはあのタンギングは出来ません(笑)

また曲全体が「これぞジョン・ウィリアムズ!」というようなサウンドが広がりますので是非とも演奏してみてください!

打楽器はかなり勉強になる曲だと思います。

特にスネアドラムは目立った方がいいけど目立ちすぎも良くない、自分の今の役割を考えないといけないところがちょこちょこ出てくるので、打楽器奏者としての空気の読み方を学ぶのにはいいかも?

Olympic Fanfare and Themeの詳細

曲名・作曲者(編曲者)

曲名:Olympic Fanfare and Theme/オリンピックファンファーレとテーマ(ロサンゼルス五輪)
作曲:John Williams/ジョン・ウィリアムズ
編曲:James Curnow/ジェームズ・カーナウ

演奏時間

4分30秒

グレード

4

演奏人数

合計:38人

木管:17人

金管:14人

弦楽器:1人

打楽器:6人

楽器編成 赤:木管 黄:金管 灰:弦楽器 緑:打楽器

ピッコロ
フルート:1st,2nd
オーボエ:1st,2nd
ファゴット:1st,2nd(コントラファゴット)
E♭クラリネット
B♭クラリネット:1st,2nd,3rd
アルトクラリネット
バスクラリネット
アルトサックス:1st,2nd
テナーサックス
バリトンサックス
トランペット in B♭:1st,2nd,3rd
ホルン in F:1st,2nd,3rd,4th
トロンボーン:1st,2nd,3rd,4th
バリトン
ユーフォニアム
チューバ
ストリングベース
ティンパニ
スネアドラム
バスドラム
クラッシュシンバル
グロッケン
シロフォン
他にもあった気が・・・
サイカク
サイカク

出版会社によって若干異なるところがありますが、大抵基本的な編成は変わりません。

セアル
セアル

E♭クラリネットやアルトクラリネットといった特殊楽器があったりなかったりすることが多いですね。

Olympic Fanfare and Themeの参考演奏


Olympic Fanfare and Themeの楽譜はこちら


楽譜は絶対に買ってください。
その売り上げが作曲家や楽譜を作る会社に入り、新たな曲や楽譜を作ることが出来るのです。
他の団体や学校からコピーをして使用することは著作権法違反となりますので止めましょう。
曲が作れるということは、作曲家が人生を音楽に捧げたからこそのものだということを忘れないで下さい。