意外とマイナー?SEO対策に欠かせないコピーライティングとは?

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

コピーライティングというものを知っていますか?

コピーライターという職業の人たちがいますよね。

コピーライターはコピーライティングをする人のことを言います。

実はコピーライティングというのはSEO対策に関連する用語なんです。

サイカク
サイカク

今回はそんなコピーライティングについてご紹介します。

セアル
セアル

よろしくお願いします!

コピーライティングとは

 

横文字の言葉ですが、ライティングと書いてあるのでなんとなく想像がつきやすいのではないかなと思います。

コピーライティングとは、サービスや商品などを広告宣伝するために執筆することを指します。

ここでのコピーは「複製」ではなくて「広告文」という意味になります。

ひと昔前は新聞や雑誌などの紙媒体のデザインや執筆、他にはラジオやテレビのC等の目的で行われるものでした。

しかし、現在のように一人一台スマホを持つようになり誰でもインターネットを利用することができるようになるくらい、インターネットが普及してからはネット上でもコピーライティングが行われるようになりました。

しかし、紙媒体やテレビ等のメディアでのコピーライティングとネット上でのコピーライティングは少々違いがあります。

セアル
セアル

インターネットは普及するまで自分の足で調べないと情報が得られなかったよね。

サイカク
サイカク

そうなんだよね。だからテレビやラジオでは名前を覚えてもらうことが重要だったけど、インターネットが普及すると重要なポイントが変化したんだ。

なぜかというとインターネットが普及するまで、何かしらの情報を得られる手段はテレビ、ラジオ、雑誌、書籍といったものでした。

 

テレビ、ラジオは自分が知りたい情報をピンポイントでもらえるわけではありませんし、雑誌や書籍も本屋さんに行かなければ買えないですし立ち読みも出来ませんでした。

自分から情報を取りに行く手段がとても時間がかかり、さらに欲しい情報にたどり着けないこともありました。

しかし、今は違います。

分からないことはGoogleやyahoo!で検索すれば充分すぎるくらいの情報を得られますし、スマホで知りたいときにすぐ調べることが出来ます。

なのでコピーライティングをする上で重要視するポイントが若干異なるため違いがあるのです。

コピーライティングとSEO対策はどういった関係があるのか

 

コピーライティングがどういうことを意味しているかは分かりました。

ではSEO対策とどういった関係があるのでしょうか?

SEO対策の一つに自分のサイトに関連してなおかつ検索される回数が多いキーワードを取り入れるというものがあります。

これは記事の中にそのキーワード入れて作成することになるのですが、ひと昔前はサイトの下の方にキーワードを羅列して検索上位を図る手段が流行っていました。

ですが、現在はGoogleがAIを改良し意図的にキーワードを羅列したかどうかわかるようになった為、その手段が使えなくなりました。

しかも、より人が書いたような自然な文章が入ったサイトを検索上位にするようになった為、文章を作ることがさらに難しくなりました。

サイカク
サイカク

あくまでも、検索上位を狙うことが目的だった場合だけどね・・・

そこで、コピーライティングの技術で今言ったような上手く入れたいキーワードを織り込んだ記事を作るのです。

 

コピーライティングの技術は今注目されている

現在では、SEO対策だけでなく、アフィリエイトなどでもコピーライティングの技術は活躍しており、注目されています。

アフィリエイトも広告なのでコピーライティングの技術は確かにフル活用できますよね。

需要が増えてきたのでコピーライティングの専門サイトが作られたり、費用をかけてコピーライティングを習う人までいるようです。

書籍ももちろんありますので紹介します。

ザ・コピーライティング 心の琴線にふれる言葉の法則 [ ジョン・ケープルズ ]

価格:3,456円
(2019/5/20 01:40時点)
感想(25件)

最強のコピーライティングバイブル 伝説の名著3部作が1冊に凝縮!国内成功100事例付 [ 神田昌典 ]

価格:2,138円
(2019/5/20 01:41時点)
感想(1件)

10倍売れるWebコピーライティング コンバージョン率平均4.92%を稼ぐランディングペ [ バズ部 ]

価格:1,598円
(2019/5/20 01:41時点)
感想(4件)

興味はあるけど費用をかけるまではいかないという人は、情報を無料で発信している人がいるかもしれないので「コピーライティング、無料」で検索されるのも良いかもしれません。

ただし、あまりにも沢山の情報がある為どれを信じていいか分からなくなる場合がありますし、詐欺まがいなセミナーも存在しますので注意はした方がよいでしょう。

以上、コピーライティングの紹介でした。