一人暮らし開始!ここまで長かったインターネット回線の罠

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

お久しぶりです。

4月に投稿してからだいぶ日にちが空きました。

特に大きな病気にもかからず、平和に過ごしていたのですが、貯金がたまるようになったので一人暮らしを昨日から始めました!(^▽^)/

本当は8月末には引っ越しが完了するはずだったのですが、まさかのインターネット回線でつまずき昨日まで完了できませんでした……

今日はそんな苦労を少し書きたいと思います。

チラシにはインターネット対応、光ファイバーと書いてあったけど……

コミュニティ繋がりで知り合った不動産経由で物件を探していたのですが、たまたまインターネット回線以外で条件がかなり合うものに出会いました。

その時に見たチラシにはインターネット対応、光ファイバーの文字。

自分で工事を手配しないといけないのかなぁと思っていたので、この文字を見た時は嬉しかったのですが、ここからが苦労の始まりとなりました…….

内見した際、インターネット回線の口を探したのですが、なんとそれらしきものが見当たりません…..

どこに線があるの?と不動産屋と探したり、管理会社に聞いてみたりしたところ、どうやら線自体はマンションが光を契約して回線自体は共有部分まで引いているから、部屋に引き込むだけという結論になりました。

プロバイダーにも確認し、穴をあけるような作業は発生しないとのことだったので、そのつもりでスケジュールを組んでいました。

ところが!

いざ、開通工事当日になり、工事業者が電話線の口の中を見たあと、線が電話線のところにきていないとの報告が(´;ω;`)

どうやら、私が入居する前にやったリノベーションの際に無理な工事をしたらしく、風呂場の天井裏まで線を伸ばしたけどそれ以上先に行けず断念した形跡があるとのこと……

荷物もすべて運び、冷蔵庫や洗濯機も運び入れて残るはインターネット回線のみ!となった矢先の衝撃的な事実。

壁や天井に穴をあけてできることを聞き、管理会社に穴あけの許可をもらうために、その日は延期となってしまい、実家に戻ることになりました(´;ω;`)

穴あけの許可取りはめちゃくちゃ大変!

しょうがないので、実家に戻る途中やその翌日に穴あけの許可をもらうために電話で問い合わせをしました。

ただ、ここでもめちゃくちゃ大変でした。

目当ての物件を持っている不動産会社に電話で問い合わせて、穴あけの許可をもらうのは即日でもらうことができました。

しかし、プロバイダーに電話して延期となった工事の日を決めようとした時、プロバイダーから工事の手続きを進めるにあたって許可を出した会社と担当者名を知りたいとのこと。

許可だけもらえればいいと思い、そこまでメモをしていなかったので、再度不動産に電話してみたところ、なぜその情報が必要なのか理由を聞いてほしいとのこと。
もしくは、窓口の電話番号にかけてもらうようにすれば対応してくれるようなことを言っていました。

そこでまたプロバイダーに電話すると、理由までは教えてくれず、代わりに聞いてくれるとのことだったので、窓口の電話番号を伝えて対応してもらうことに。

しばらくした後、もう一度穴あけの許可の確認をしてほしいとのことだったので、再度不動産会社に電話したところ、なんと今度は穴あけを許可していないとの回答が……

一度は穴あけの許可を出したのに、ひっくり返されたので少し抵抗したところ、今までの記録を見ずに判断していたのか、記録を見返して許可を出していることを確認。
プロバイダーから言われていた必要な情報をやっと聞くことができ、工事日を決めることができました。

まとめ:インターネット対応と完備は同じ意味ではなかった!

今回の一件で色々調べるまで、インターネット対応=工事しなくてもインターネットを使えると思っていました。

なので、工事が必要と言われた時は騙されたのかなと思ってしまったのですが、インターネット対応は共用部分までは線が引かれていて、部屋までは自分で引かないといけないらしく、嘘ではありませんでした。

インターネット完備だと、工事も何もせずにインターネットが使えるようになっているらしいです。

無知って恐ろしいですね(;’∀’)

引っ越し代が高くなる前に引っ越したいと思っていたので、内見はこの一件だけしかしてませんが、今後もし引っ越しするとなったら、必ず内見はしようと心に決めました(笑)

一人暮らしを始めたいという方。ぜひ気をつけてください!